Add

民間金融機関の住宅ローンでお金を借りる


住宅ローンを扱っている民間の金融機関は、都市銀行、地方銀行などの銀行をはじめ、信用金庫、信用組合、労働金庫の各金融機関、また生損保会社、信販会社などがあります。なお、JA、漁業協同組合でもお金を借りることはできますが、組合員などになることが条件です。


<民間住宅ローンの特徴>

公的融資と比べて、民間の住宅ローンは返済能力などの条件が緩やかで、固定金利選択型や変動金利型が主体になります。最近は各金融機関で独自の住宅ローンとは別に、お金を借りる際、最長35年の固定金利が組める「フラット35」を取り扱うところが多くなっています。


<住宅ローンの利用・用途別ローン>

住宅ローンには、販売する物件によってあらかじめ不動産販売会社が銀行などの金融機関と提携している場合もあります。また、住宅ローンにも使用用途や物件によってさまざまなローンが用意されているのも民間融資の特徴です。預金があればローン金額について利息がゼロになるローンや、定期借地権付住宅ローンもあります。お金を借りる際は、ニーズに合わせた商品を選びたいものです。そして、ローン返済額は「いくらお金を借りることができるか」ではなく、「いくらなら返せるか」が基準になることはいうまでもありません。

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。